2010年12月 1日 (水)

無門関・自序

/////////////////////////////////////////   目次に戻A11c028

   禅宗無門関自序

----------------------------------------
   原著者(無門)の序文

「かなめは仏と心、無門が法の門」---------門がないとなると、サテどこをどう通るか?
こうも言うてある。「門から入るは宝でないぞ、世のでき事はやがて破れる。」こういう説き方は、なぎの日に波、玉のハダにキズのよう。まして言葉にこだわり、センサクするとは! 棒で打つ月、カユいのに靴、とどきはしない。わたしは、紹定元年の夏、温州の龍翔寺をあずかり、僧たちがおそわるので、昔からの問題を取りあげ、入門の手だてとして、それぞれみちびいた。弟子たちが書きとってしまい、いつしか本になった。あとさきの順もなかったが、みなで四十八まとまり、[無門関]と名をつけた。もしも男いっぴき、いのちを捨てて、ふりかざして行けば、八本ウデのナタ太子も敵でなく、たとえばインドのダルマ、中国の慧能でも、恐れいって「お助け」と言う。もしグズついていると、窓べを過ぎる馬のように、まばたきする間に、見うしなってしまう。

 歌に---------
    真理に門なく、
    道こそさまざま。
    この関とおれば、
    足音高らか。

----------------- 思い出すこと ------------------

 悟りに到る方法について、第一則・趙州狗子で

妙悟ハ心路ヲ窮メテ絶センコトヲ要す、(中略)三百六十ノ骨節、八万四千ノ毫竅ヲ将ッテ、通身ニ箇ノ疑団ヲ起シ、箇ノ無ノ字ニ参ゼヨ。昼夜提撕(テイゼイ)シテ、虚無ノ会(エ)ヲ作スコト莫レ、有無ノ会ヲ作スコト莫レ。 箇ノ熱鉄丸ヲ呑了スルガ如クニ相似テ、吐ケドモ又吐キ出サズ、従前ノ悪知悪覚ヲ蕩尽シ、久々ニ純熟シテ、自然ニ内外打成一片ナラン

この部分を、魚返訳では

悟るためには行きづまらねばならぬ、(中略)三百六十の骨ぶし、八万四千の毛穴、全身をもって疑い、[無]の意味を知れ、よるひるひきしめて、[虚無]にも落ちいらず、[有無]にもかかわるな。焼けた鉄のたまをのんだようなぐあいに、はき出すこともならず、これまでの無分別をとろかし、だんだん練れてくると、しぜんに内もそとも一つになる。

としています。
 私はソフト製作を正業(なりわい)としていますが、いつも思うのは、ソフトのプログラマムのバグ取りは、この公案解決の過程によく似ているのではないかということです。ウンウンと考えて、重い扉を押し続けているといつか、やっと答えが分かってその扉がスーッと開いて仕事が次に進むわけですが、それが何だか公案に取り組む過程に似ているような気がするのです。

 とんでもない話で、「坐禅は無念無想を目指すもので、公案だって頭で考えて解かる問題ではない」と御師家さんに怒られそうですし、こんなことを書くと、坐禅愛好家によるブログ炎上が起こる可能性だってあります。
 しかし、そうでもない、ソフトのバグ取りは公案解読の過程と大変似ていると思わせる文章にでくわしました。
 詳しくはhttp://www.alles.or.jp/~thisida/picusb89.html
を見てもらいたいのですが、この人は自作の装置が、あるマイコンでは動作するのに、それと同種のピン数の少ないマイコンでは動作しない原因を2,3ヶ月かけてエンエンと追求するのです。あるサンプルプログラムでは動作するのですが、他人の借り物ではしょうがない、それは敗北主義だといって頑張るのです。以下が引用です。

人には不思議な力が備わっているようです。
ある種のパワーのようなもので、それは普段は隠れていて表には出てこないのですが、ここ一番、という場面で突如として力を発揮する、ということがあるようです。
火事場の馬鹿力とか、コケの一念などと言います。
人の一念岩をも通す、という言葉もありますですね。

前にも何回か書いたことがあります。
考えて考えて考え抜いて、もう駄目だ、これ以上はどうすることもできない、というぎりぎりのところまでいったときに、そこからもう1歩先に踏み込みますと、突然、霧が一気に晴れて、急転直下全て解決してしまう、ということを何回も経験しております。
そのぎりぎりのところまで、問い詰めていく、考え抜く、ということが大切なことなのだと思います。
もう駄目だ、とあきらめてしまう、そのもう1歩先にこそ、解決の道が用意されているのだと思います。

なんだかだんだん神がかって、まいりますですねえ。
やっぱり、あれだ。
ぼちぼち、お迎えが近いかもしれんぞお。

これもいやというほど何回も書いたことなのですが。
こと記憶力については保証付きで絶対に誰にも負けてしまう、という?おかしな自信があります。
神経衰弱というゲームがありますが、あれが全然、まったく、からっきし駄目なのですねえ。
たった今めくったばかりのカードなのに、伏せてしまうと、もうわかりません。

そういう私なのですけれど、今回の、もう駄目だ。どーしようもない、というところまできましたときに、不思議な力が突然出現したのでありますよ。 (中略)

そのとき、突然、頭の隅で、声がした…。
ような気がいたしました。

どこかで、たしかどこかで。
「PIC18F14K50に限り…」
という文章の断片を見たような…。

とあります。
 サンプルプログラムを有料ソフトで逆アセンブラをし、その再構成までやってその原因を追究するのですが、このことの分かった解答が、同じPIC*というマイコンに関わってきた私にはまことに深く同感できるものでした。
 それはともかく、このバグ解決に関する文章が「妙悟ハ心路ヲ窮メテ絶センコトヲ要す」で始まり「自然ニ内外打成一片ナラン」まで続く文章に、大変似ているとは思いませんか。

 もう一つ、’公案の解答’とか’悟り’とかは、体が充実感に満たされるとか、オーム真理教の主張するような光が目の中に見えるとか、空中に浮いた感じがするとか、の只のインスピレーション的なものではなく、非常に実証的なものだということも、この引用した文章の言おうとしていることと一致すると私は思います。

  参照 無門関後序

  A15g003 解説

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

第一則・趙州狗子

                          リンク・最初のページに戻る Icon_4
/////////////////////////////////////////////////

 一  趙州と犬

 趙州さまに、ひら坊がたずねた。「犬にも仏の性質がありますかね?」 趙州がいう、「無じゃ!」

 無門がいう---------禅には開祖このかたの関所があり、悟るためには行きづまらねばならぬ。関所も通らず、行きづまりもせねば、まったく草木同然のたましいだ。
 ところで、その関所とは何かというに、ただこの[無]ということ、これがこの宗の関所だ。だからその名も[禅宗無門関]通りぬけた者は、趙州に会えるばかりか、代々の祖師がたと手をとって行き、まゆ毛がくっつき、同じ目で見、おなじ耳できく。すばらしいではないか! 通ろうとするものはないか?
 三百六十の骨ぶし、八万四千の毛穴、全身をもって疑い、[無]の意味を知れ、よるひるひきしめて、[虚無]にも落ちいらず、[有無]にもかかわるな。焼けた鉄のたまをのんだようなぐあいに、はき出すこともならず、これまでの無分別をとろかし、だんだん練れてくると、しぜんに内もそとも一つになる。オシが夢を見たようで、ひとには知れないが、パッと打ち出せば、えらい事になる。まるで関羽さまの刀を手に入れたようで、仏も開祖も、みんななで斬りにし、生も死もないまったくの自由、どこにどう生きるにせよノンビリしたもの。
 だが、どうしてひきしめるのか?いつも張りきって、[無]というものを持て。油断がなければ、お燈明のようにパッとつくのだ。

 歌に---------
    犬も仏も、
    これこの通り。
    「有無」をいうたら、
    ほろびるいのち。

---------- 思い出すこと ----------

     ブルースリーの強さ

 新橋の映画館でブルースリーの「ドラゴン怒りの鉄拳」だったかを見たとき、すごい!と思い、ああこの人が死ぬのは無理ないなと思いました。あれだけ自分を表現しつくして、思いきり燃焼し切った状態で生きていれば、死ぬし、本人も死んでもしょうがないと思っていたのではないかとさえ思われます。
 もちろん本人は死ぬのは嫌だったろうけど、なんだか’死’に向かって突進していたような生き方をしています。その他でそう思ったのは、尾崎豊の横浜アリーナでのライブのビデオを見たときと、最近ではマイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見たときでした。いずれも「これは死ぬなあ!」と思いました(死んだあとにそう考えたのですから割引して考える必要があることは認めます)。

 その後、ブルースリーに興味をもち、彼の映画もテレビで殆ど見ましたがふと本当にかれは格闘家として強かったのだろうかと、いろいろ調べ始めました。ハリウッドで中国武術の道場を開いていたのだからある程度は強かったらしいが、本当のところはどうなのだろうと考えたわけです。
 私の結論は多分、あまり強くなかったのではないかということです。
 以前、ある若い独自に武道を追求している人に会った時、”武道とはなんでも良いから勝つことが目的”と言っていました。そして人間の行動を分析するため老人の歩き方とか女性の歩き方とかやって見せていたのですが、そのカッコウは決して格好の良いものではなく、見ていた女子学生達の失笑をかっていました。本当に強いということとカッコウが良いということは必ずしも比例しないのだと思います。
 ブルースリーの追求したのは、武道の流れるような動きにともなう序破急の美しささだったと思います。
 あまり、格闘に役にたちそうにないヌンチャクを(フィリピンから?)すぐ取り入れたりするのも、いわゆる映画のタテとして有効と考えたからでしょう。映画での動きもあきらかに殺陣(タテ)に従ったものです。喧嘩は強かったかもしれませんが、彼がアメリカで道場を開いても長続きしなかったのは結局武道家として強くなかったからではないかと私は考えます。
 以下に彼の強さに対してかなり正確な評価をしているサイトがありますす。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1424107.html
 そこにどんな格闘競技でも、目突き、金けり、噛み付きが入ったらそちらの方が強いと有りますから、実戦というものはまことにカッコウの良いものではありません。

 しかし、だからといってブルースリーの追求したものの高い価値についての評価が小さくなるものではありません。彼はもの凄いものを追求しそして成功して、世界中の武道家を含む万人に大きな影響を与え、死んだのです。
 ところで、ブルースリーは死んだのでしょうか、生きたのでしょうか。
 その答えが、この公案の答えにつながるのかも知れません。

 
 

A15g001_4 解説

| | コメント (2)

2010年10月25日 (月)

第二則・百丈野狐

////////////////////////////////////////////////////

    二  百丈とキツネ

百丈さまのお説教には、ひとりの老人が、みなと教えをきいていた。みながさがれば、老人もさがる。ある日さがらずにいるので、坊さまがきく、「そこに居るのは、何びとじゃな?」
老人、「いや、人ではございません。むかしカショウ仏のころ、この寺に住み、書生から、「えらい修行をした人も、因果に落ちますか?」ときかれ、「落ちない!」と答えたために、五百代キツネにされました。なにとぞ坊さまのおくちぞえで、キツネからぬけますよう。」そこできく、「えらい修行の人も、因果に落ちましょうか?」
坊さま、「因果にたがわぬ!」
老人はその言葉で悟り、おじぎをして、「私はもうキツネからぬけて、裏山にいます。どうかお坊さま、おとむらいをねがいます。」
坊さまは世話役に板を鳴らさせ、食後に葬式だとふれた。一同ふしぎがる。「みんな元気で、病室に居る者もないのに、なぜなんだろう?」
食後になると、坊さまはみなをつれて、裏山の岩の下に行き、ツエでキツネの死体をひき出し、それを火葬にした。
坊さまは晩の説教で、いわく因縁を話す。すると黄蘗が、「その人はひとこと返答しそこねて、五百代キツネの身となったが、ことごとくたがわねば、何になりますかな?」
坊さまがいう、「こっちにこい。話してやろう。」 黄蘗は近よるなり、坊さまをひっぱたいた。坊さまは手をたたいて笑い。「毛唐は赤ヒゲだが、赤ヒゲの毛唐も居ったか!」

無門がいう---------因果に落ちねば、なんでキツネになろう?因果にたがわねば、どうしてキツネからぬけよう?もしこの点にシカと目がつけられたら、前世の百丈もたのしい五百代であったとわかる。

 歌に--------- 
    落ちず、たがわず、
    ともにサイの目。
    たがわず、落ちず、
    たがいにちがい。

〔註〕カショウ仏とは、シャカより前の仏。黄蘗は百丈の弟子。

---------- 思い出すこと ----------

 この公案の”坊さまは手をたたいて笑い。「毛唐は赤ヒゲだが、赤ヒゲの毛唐も居ったか!」”の部分はどういう意味なのでしょうか。

 今話題のAKB48のメンバーがクイズ番組に出ていて、経歴に早稲田大学現役とあったので、一緒にテレビを見ていた娘に「早稲田大学の学生が何もAKBのアイドルグループに入ることはないのに」と言ったところ、「早稲田の学生がAKBになったのではなく、AKBのメンバーが早稲田に入ったのだからいいじゃない」と言い返してきたので、なるほどと思いました。
 随分前の話、新東宝という会社の社長の大蔵貢が、社内の女優を妾(メカケ)にしていたということで週刊誌やスポーツ誌で問題になったとき、「女優を妾にしてはまずいかも知れないが、妾を女優にして何が悪いんだ」と言って、世間がそれで妙に納得したことがありました(チョッとの時間差なのでしょうが)。

 この公案の「毛唐は赤ヒゲだが、赤ヒゲの毛唐も居ったか!」の部分の論理と、この2つの話の考え方が何か符合するような気がします。
「AKB(某)は早大生だが、早大生のAKB(某)も居ったか!」となり、前者は受動的なAKBで、後者は能動的なAKBということになります。

 この公案の主題の方は、禅のいう’大自由’は決して瓢箪の川流れのような’因果’と無関係な心境ではなく、差別知を含んだ実生活に即したものであることを示しています。

 A15g002 解説

| | コメント (3)

2010年10月24日 (日)

第三則・倶胝竪指

/////////////////////////////////////////////////////

     三    倶胝の指 
 
 倶胝の坊さまは、問いかけられると、指をおっ立てる。のちに小僧が、人からきかれた、「坊さまの説法はどうだ?」--小僧も指をおったてた。
 倶胝はそれをきき、ハモノで指を切り落とす。小僧は痛さに、泣いて逃げ出した。倶胝がよびもどす。小僧がふりむくと、倶胝は指を立てる。小僧はフッと悟った。
 倶胝は死ぬとき、みなに向かい、「天竜さまから指禅を受け、一生使いきれぬわ!」そいって死んだ。

  無門がいう---倶胝と小僧の悟りは、指にあるのじゃない。もしこの点がわかれば、天竜と倶胝、それに小僧と自分が、一直線だ。

 歌に---
    倶胝、天竜をひとつまね、
    しかも小僧の指をはね。
    手力男の無ぞうさに、
    お山をくだくさながらに。

------思い出すこと------

  古今亭志ん生

 盛んにCDの落語全集が発売され、2大名人の文楽、志ん生の肉声もそれによりいつでも聞くことができるようになりました。文楽の「愛宕山」や、志ん生の「二階ぞめき」には、心底スゴい!と舌を巻いてしまうほど話芸のすごさを感じています。
 志ん生の場合、晩年の脳卒中で倒れた後の録音が多いのですが、やはりその前の、録音の方により迫力を感じます。
 晩年の志ん生は、病気の影響か「エー、」と言ったままなかなかしゃべり出さす、身内の人が「客が心配しながら待っているのだから、もう少し早くしゃべり出したら良いのに」と言ったところ、「ああやって客が、固唾を飲んで待っているところが面白い」と言ったそうです。 病後は立って歩行ができなかったため、円菊をはじめ弟子たちが背負って歩き、講座には、幕が閉まっている間に舞台の座布団の上に座らせ、幕を開けていました。

 ある時、落語の公演中に舞台の上で後ろにひっくり返って倒れてしまい、弟子達があわてて舞台に上がり志ん生の姿勢をもとに戻して袖にさがったところ、志ん生は「と言うようなわけで・・・」とそのまま何事もなかったように最後まで話を続けたということです。

 この黙っている間、志ん生は芸を続けていたのでしょうか、それとも停止していたのでしょうか。

本のカウンターへの到着が明示される仕組みになっています。コピーも同じですが、コピ

 A15g003_2 解説

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

第四則・胡子無鬚

/////////////////////////////////////////////////

     四   毛唐にヒゲなし

惑庵がいう、「西の毛唐に、なぜヒゲがない?」

無門がいう---------思うにも真実、悟るにも真実。ここの「毛唐」もただひと目見てつかむがよい。「ひと目見る」といえば、もう二人だ。

 歌に--------- 
    おろか者には、
    夢説くまいぞ。
    毛唐のヒゲなど、
    よけいな苦労。

---------- 思い出すこと ----------

永松カズと木島佳苗
----------------------------------

 永松カズという人をご存知だろうか。日本人でありながら朝鮮戦争の渦中にソウルに滞在し、そのとき目の前で銃弾で血にそまった母の胸にいた子供を自分のもとに引き取り、育て始めたのを端緒として次々の子供を引き取り、実に130人もの孤児を引き取って、社会人として世に出した人です。床屋を中心に露天販売とかいろいろな職業につきながら、最後は売血までしながら子供達を育て続けました。韓国政府は彼女の功績を認め、彼女だけのための理髪士試験を実施したり、日本人としては異例の韓国独立記念日(8/15)の第一回光複賞を当時の朴大統領から授与されています。授賞式の日にもんぺと下駄履きで来たため、役員がせめて靴と洋服に着替えるように言ったところ、「そんなことを言うなら帰る」というので仕方なく、そのまま授与式を行ったということです。また周囲が、公的な孤児院にするように彼女に言うのですが、頑としてそれを受け入れようとはせず、大きくなった子供に手伝わせたりしながら理髪業の収入を中心としてこの活動を昭和58年に56才で亡くなるまでつづけました。
 彼女の伝記小説を読んだのですが、驚いてしまうことに彼女は何の躊躇もなく、次々と孤児を手元に引き取っていくのです。読んでいる側としては「おい、おい大丈夫かよ」と言いたくなるのですが、本当に何も考えていないように流れるように家族とそれに伴う負担を増やしていくのです。自分自身戦前の韓国で孤児になり、農奴として売られながら生活をしていたことから同じ境遇の孤児をみると放ってはおけなかったのでしょうけれど、まったく比較にならない裕福さにいる自分たちにはとても考えられないような行動を続けます。

 一方の木島佳苗をご存知でしょうか。最近話題になったあの連続練炭殺人事件の犯人とされる女性(34)です。婚活を利用して、次々と自然な事故死を装って少なくとも6人の男性を殺しています。いずれも結婚前の活動費として金を要求し、返済を迫られる頃になるとこれを殺害するという手順に従って犯行を続けています。
 実に日本史始まって以来の、殺人をつづけることによって生計を立てた人間だと思います。男性でも生活費を得るためだけに殺人をつづけた人というのはあまり記憶にありません。生活のために強盗を続け、殺人も犯したというのも、逃げるためやむを得ず殺してしまった場合が多く、その場合殺人の人数はそんなに多くはありません。かの戦前の有名な事件の説教強盗は人を一人も殺していません。
 彼女は警察で詐欺については「だまされる方が悪い」と言って、犯行を認めていますが、殺人についてはまだ認めていないようです。彼女を見ていると、実に自然で流れるように犯行をつづけています。普通の日常行動の連続の中に複数の男性の殺人が入っていることになります。

 永松カズは何も見返りを求めず功名心もなく、親切心から孤児の養育をつづけましたが、片方の木島佳苗は、自らの贅沢のためだけに、親切そうな外見を利用して殺人をつづけました。
 時代こそ違え同じ女性の、この大変な違いはどこからきたのでしょうか。まことに人間というのは、少女時代の一厘の心がけの差が、人生において千里の差を生むもので、この二人の差はこのことの好例ではないでしょうか。

2  実は 実は私は永松カズ女史にソウルで会ったことがあります。昭和42年(1967)韓国のホームステート中の友人に突然、彼女の店に連れて行かれました。彼女は小さな理髪店の奥まったほうにベッドで寝ていて、薄暗く感じた店には男の子が一人か二人働いていました。よく思い出せないのですが、何だか堪らなくなった私は持っていた2,3千円程度の金を彼女に渡そうとしたのですが、彼女は強く固辞してそれを受け取ろうとしませんでした。
そのときはまだ、光複賞を受け取る少し前のことだったと思います。
 彼女のことを詳しく知ったのはそれから25年くらいたって、新聞の小説として彼女の伝記が載ったときで、それまでそんな大変に偉い女性とは思っていなかったのです。右はそのとき頂いた名刺です(大韓民国SEOUOLの文字が見えます)。

 彼女達が、大なる善行や大なる悪行を行う前に、かたや平凡なモンペをはいた女性であり、かたや平凡な着飾った女性でした。
 大業を成し遂げる前の達磨もしかりであり、ただ飾り気のない青年で、年長になって鬚を蓄えるか蓄えないかは達磨の自由なのです。

PS1)木島佳苗に死刑判決が出ました。彼女は朝日新聞に手記を寄せ”嘘がどんどん通用していくので、収集がつかなくて困った”というようなことを言っていました。嘘ともう一つ、相手への気配りが彼女の特徴です。最後にだまされて4百万?だましとられた男性は”彼女との5日間は幸せでした”といっていました。彼の人生にとって4百万は安いもんだったと思います。

PS2)昨年(平成24年)末、神戸である平和な家族に取り付き、脅しを続けながら、贅沢な生活を続けた女性(角田美代子、64才)が留置場で自殺しました。少なくとも3人を殺害していますから、これも殺人を続けることを生活手段とした人間ということなります。また、女性でした。

  A15g001解説

| | コメント (0)

«第五則・香嚴上樹